木質バイオマスの効率的利用を図るための技術支援

HOME > 木質バイオマスの効率的利用を図るための技術支援

ご挨拶

- 平成24年度の募集は終了しました -

平成24年度林野庁補助事業「地域材供給倍増事業(公共建築物等への地域材の利用促進及び木質バイオマスの利用拡大)のうち木質バイオマスの効率的利用を図るための技術支援」の募集開始について

森林・林業再生プランに掲げる「木材自給率50%以上」という目標を達成し、木材の利用拡大による森林の適切な整備や地球温暖化防止への貢献を実現するためには、木材産業の活性化とともに、「公共建築物等木材利用促進法」の着実な推進により住宅のみに依存しない需要構造の構築や、木質バイオマスを含めた地域材利用を促進するための実需の拡大を図る必要があります。このため、本事業では木質バイオマスの利用拡大の取組みを行います。

また、東日本大震災を契機に、再生可能エネルギー拡大の必要性が改めて認識されるようになりました。欧州では再生可能エネルギー利用の5割近くを木質バイオマスが占めており、再生可能エネルギーで最大のシェアを誇っています。欧州よりも森林率が高く、蓄積も多い我が国において、木質バイオマスエネルギーの潜在的な可能性は、欧州以上といえます。

しかし、我が国においては再生可能エネルギー利用の歴史は浅く、バイオマスに関しても現場レベルでの利用の試みは増えてきてはいるものの、試行錯誤が続いているのが実態です。

今後の木質バイオマス利用拡大に向けては、供給体制整備と並行して、需要サイドの体制整備が不可欠です。このため、バイオマス利用の原則を整理・体系化して、理論・技術の共有化を図るとともに、それに基づいたモデル事例を広げていくことが、今最も求められています。

以上のことから、本事業では、新たに木質バイオマス利用施設の導入を希望する地方公共団体や民間事業者等を募集し、施設導入に向けた技術など、具体的な事業化に結び付ける支援を行います。

平成24年5月24日から募集を始めました。下記の募集要領をご参照の上、奮ってご応募下さい。

本事業のQ&Aとしてまとめましたので、参考にして下さい。

【助成による技術支援内容】

本事業による技術支援は、「木質バイオマス利用システム最適化調査」における国内外の理論・技術の分析と優良事例等を適宜活用し、現地調査を含めた森林資源把握や燃料種、ボイラー機種など、地域条件に応じた最適なシステム提示など施設導入に向けた技術支援を行います。

技術支援項目 技術支援内容
燃料の供給 ・地域資源量と現状の木質バイオマス燃料の供給可能量試算など
・供給側の林業事業者との地域連携支援など
・チップ製造(乾燥、燃料規格・サイズ、製造機器、運搬・管理)技術など
燃料種とボイラー機器 ・利用エネルギー量試算や、熱利用等の掘り起こしコンサルティングなど
・エネルギー量に対比する燃料種と機器、最適なシステム設計指導など
指導研修会等 ・実務的なテキスト、優良事例集、新たなモデル事業の提案を例示した、指導研修会等による人材の育成など
・事業に伴う資金計画、地域ファンド構築、金融機関との連携支援など
事業性評価 ・コスト計算方法、投資判断基準など
地域合意形成に向けた支援 ・地域エネルギービジョン構築と住民合意形成のためのワーキング支援など

外部の有識者を交えた企画運営委員会による審査を行った上で、技術支援を行う団体等を選定します。

本事業の応募に関するお問い合わせ
木質バイオマスお問い合わせ
平成24年度 事業成果
  • 実務テキスト 国内事例集
  • 技術支援

ページの先頭へ戻る